最近話題のマルチ電子マネーって一体何?

キャッシュレスでショッピングができる

近年は現金を持たずともショッピングやサービスの利用ができる機会が増えてきていますが、その背景の1つとなっているのが電子マネーの普及です。
電子マネーは現金やクレジットカードなどであらかじめ一定の額をチャージ(入金)しておくことで、通貨と同じように利用できるサービスです。具体的にはICカードやスマートフォンのアプリなどに入金情報を登録しておき、店舗等と消費者の間で電子データを交換することで決済を行います。
電子マネーサービスは、鉄道会社や大手流通グループ、通販会社などが提供しています。一般の個人商店などでも、それらの事業者と契約すれば導入することが可能です。導入に際しては専用の読み取り端末が必要となりますが、最近はマルチ電子マネーという便利なシステムが開発されており、導入の手間も軽減されてきています。

1台で複数の電子マネーが決済可能

マルチ電子マネーは、1台の端末で複数の電子マネーが決済できるシステムです。
従来、電子マネーを導入するには1つのサービスに対して1つの専用端末が必要で、複数の電子マネーを導入するとなれば何台もの端末を用意してレジにずらりと並べなければならず、小規模商店などでは負担が大きいという課題がありました。これに対し、マルチ電子マネーでは端末が1つあれば主要電子マネーの大半が利用できるようになるため、非常に合理的です。客側も会計の時に戸惑わずに済むので、利便性が向上します。
マルチ電子マネーを導入する際は、各電子マネー事業者と店舗等を仲介する専門業者と契約を結びます。つまりそれぞれの電子マネー業者と個別に契約しなくても済むわけで、この点においても便利であると言うことができます。

電子マネーを導入するには、各事業者と加盟店契約を結び決済端末をリースしてもらうのが基本的な流れとなっています。