電子マネーはどのくらい種類があるのか

プリペイドかポストペイか

電子マネーは電子化されたお金を使って決済をするサービスです。電子化されたお金を使うにはチャージする必要があります。
そのチャージの方法としてプリペイドかポストペイかの2種類があります。プリペイドが先払い、ポストペイが後払いになります。
プリペイドは事前に機械やレジなどで自分でチャージするか、事前に設定しておくと、電子マネーの残金が一定額を下回った場合にクレジットカードなどから自動的にチャージをしてくれる方法があります。ポストペイはクレジットカードに追加されるものやおさいふケータイにクレジットカードを登録することで利用できます。ポストペイはクレジット決済であることから審査が必要となってくるのが大きな特徴です。

メリットとデメリット

電子マネーは交通局が発行する交通系ICと買い物系プリペイドに分かれます。実際に使う場合のメリットとデメリットについて説明したいと思います。メリットはまずは支払いがスムーズだということです。電子マネーでの支払い時には現金は必要ないので、1枚のカードで決済可能なので非常にスムーズです。次にポイントが貯まるということです。貯めたポイントを支払いで使うことも可能です。 デメリットとしてはセキリュティの甘さがあります。電子マネーの盗難にあってしまうと勝手に使われることがあります。万が一、紛失や盗難などにあった場合、一部を除いて補償を受けることが可能ですが、補償の対象になっているのが電子マネーの発行時に所有者の情報を登録している場合のみです。但し補償はクレジットカードと違って過去に遡った補償ができず、利用停止した時点でのポイントやチャージ残高が新しい引き継がれる形になります。